浮気がバレたらどうする!?逃げ道と対処法!

- 浮気がバレたら逃げるに限る

浮気がバレたら逃げるに限る

浮気を楽しみたいというような欲求自体はそれほど珍しいことではなく、むしろ誰しもが密かに思っていたり、何かをきっかけに抱いたりしてもおかしなものではないのだ。

しかし、基本的には浮気というものは周りの人間や世間からの目を考えれば容認されるようなものではなく、仮に自分がしたいと思っていたとしても人の浮気のことを容認するわけではないのである。
寧ろ、そういう関係を容認してしまえば自分もするのではないかと周りに見られることを恐れて、仮に自分が浮気関係を持っていたりあるいは浮気関係に興味を持っていたとしても味方をしてくれることは殆どないのである。
寧ろ、そこで浮気関係をもった側の肩を持とう物ならばいっしょになって非難されかねませんので、浮気関係がバレてしまったときは基本的に孤立無援になる物だと思っておいたほうがいいだろう。
だから、もしも自分が浮気関係を持つのであればバレてしまったときは完全に味方がいなくなるようなことを覚悟しておかなくてはいけないのだ。
つまり、そうなってしまえば周りに助けを求めることができなくなるので、周りの助けをあてにして逃げ道を作っておくというようなことはしてはいけないのである。
つまりは、万が一バレてしまったときは最悪の場合一人で対抗しなくてはいけないということを覚悟しておかないと、いざという時に行動を取れずにどんどん自分の立場が悪い方向に行ってしまいかねないのだ。
あくまで、そういった関係というのは遊びの関係なわけなのだから遊びですべてを失うなんて言うのはばかばかしいことだ。

逃げ道を作っておくべし

だから、そういう遊びをするときは常にしっかりと逃げ道を作っておきバレてしまった際は、なるだけ自分がダメージを負わなくて済むように、ダメージを少しでも軽減することができるような準備をしておくことが大事だというわけだ。
さて、ではそもそもそういう関係がバレてしまったときにダメージをなるだけ負わずに済むためにはどうしたらいいのか、ということだがとにかくさっさと逃げることだ。
婚姻関係があるうえでの不貞行為とは違って、恋愛関係による不貞行為というのは基本的に法で罰せられることもなければ、慰謝料などを請求するような事態にはないので、話し合いなどに応じる必要はないのである。
寧ろ、そういった恋愛関係におけるもめごとというのは一見話し合いの場を設けてそこで清算させてすっきり、なんていうようなやり方は一見すると誠実に事後処理をしているように見えるかもしれないのだが、そういうやり方は実はもめごとを大きくするだけだし、話が大きくなってどんどん動きにくくなるのである。
しかも、恋愛関係におけるもつれだとかもめごとというのは特に熱心でお節介な友人が間に噛んできたりするから、話をやたらと大きくしたり噂話を広げられたりして、傷口を広げるような結果になるのだ。
だから、こういった不倫の話し合いに応じるというのは実はデメリットしかないのである。
唯一いえば、自分の罪悪感というものをごまかすことができて清算した気分になれるので、自分の気持ちを慰めたいという人は話し合いに応じてもいいかもしれないのだが、そもそも傷つけるのをわかっていて恋人がいながら別の異性に手を出したということになるのだから、今更話し合いに応じようが応じまいが最低扱いされることは変わりないのだ。
どうせ最低扱いされるのであれば、わざわざ面倒な話し合いの場などに言って己のダメージを増やすよりもさっさと逃げてしまい連絡を一切絶って関係を二度と作らないことである。
そうすることによって、自分の精神的ダメージを軽減することもできるし、何より周りへの噂の流布を防げるのだ。

Copyright(C)2015 浮気がバレたらどうする!?逃げ道と対処法! All Rights Reserved.